ADLを上げることが出来る介護とは

お年寄りのADLが向上することは、介護をする側、受ける側どちらにとっても良いことである。ただ、ADLを向上させるためには、知っておかなければいけないことがある。今、健常者として生活している自分達も急に病気になったり、事故にあったりすることで車椅子の生活になることもあるだろう。その時に今まで出来ていたことが急に出来なくなり、日常生活に支障をきたしてしまう。

ADLとは、日常生活動作機能のことであり、この機能が失われてしまうと今まで出来ていたことが出来なくなってしまうのである。自分達は、何も考えずに立ち上がったり、歩いたりすることが出来る。これは、ADLがしっかりとしているから出来るのだ。このことをしっかり理解してADLの向上を目指した介護を行うことが、重要だ。

現在、介護保険のサービスの内に訪問リハビリテーション、通所リハビリテーションという二つのサービスがある。それぞれともに理学療法士というリハビリテーションの専門家がお年寄り個々の状態に合わせてリハビリテーションを行ってくれる。介護を受けるお年寄りのが、自宅を出て皆と会話をしながらリハビリテーションをすることを望むのであれば、通所リハビリテーションを利用し、家でストイックにリハビリテーションをすることを望むのであれば、訪問リハビリテーションを利用すると良いだろう。リハビリテーションは、する人の意欲で回復に差があるので、受ける側の気持ちをしっかり理解している必要がある。今まで出来ていたことが出来なくなってしまった際、なってしまった人の心情、それを回復させるやり方を知っておくことで、その後の介護の負担が変わってくるだろう。

2017年12月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

タグ

おすすめ

カテゴリー

メタ情報